並べたミニチュアの家

家賃保証会社の役割について

パソコンとスーツの男性

賃貸のアパートを借りる場合にまず必須条件となるのが家賃を毎月支払える能力があるかどうかです。しかしこの時代いつ仕事がなくなって家賃が払えなくなるのかわからない時代です。そこで、連帯保証人を用意することにより代わりに家賃を支払ってくれる人がいることによって家主は安心して物件を貸すことができます。
ところが身寄りのない人の場合には連帯保証人を見つけることができないので、そんな時家賃保証会社を利用すれば便利です。家賃保証会社は、もし借主が家賃を支払えなくなった場合に連帯保証人の代わりに家賃を支払ってくれます。家賃保証会社のいい所は、身内などに連帯保証人になってもらうことによって借主本人が肩身の狭い思いをしないでいられることです。
家賃保証会社を利用すれば別途初期費用としてお金がかかりますが、そんなに高い金額ではないので一度払ってしまえば物件を借りている間は家賃の滞納をしても回避してくれます。高齢者や外国人や無職であっても不動産会社や家主に素直に事情を話すことにより、家賃保証会社を利用することが可能です。借りる物件によっては、連帯保証人がいれば家賃保証会社を利用しなくてもよい条件と必ず家賃保証会社を利用しなければならない場合とがあります。

保証人がいない人にとってなくてはならない家賃保証会社

家を借りたいけれど、既に親兄弟がいない方は連帯保証人をつけることができず、なかなか家を借りられなくて困っていると思います。そんな方は、家賃保証会社を利用しましょう。家賃保証会社は、周りに連帯保証人を引き受けてくれる親兄弟がいない高齢者の方や外国人の方などの、連帯保証人の代わりになってくれます。家賃保証会社に連帯保証人代わりになってもらうことで、安心して家を借りることができるのです。どうしても連帯保証人を立てられない人は世の中にはいて、身寄りがいない方や、親が高齢で保証能力が期待できないという方などがいます。もし連帯保証人を立てることができなかったら、このような人たちのお部屋探しは難航します。
家賃保証会社は、そんな人たちの救済措置的な存在なのです。ただし、家賃保証会社を使ったからといって家賃は滞納しないようにしましょう。もしそれを許してしまうと保証会社も毎月のように立て替えをおこなうことになるからです。しっかり支払い能力があり、家賃保証会社に迷惑をかけない自信のある、それでいて連帯保証人が立てられない方については、ぜひ家賃保証会社を利用して家を借りると良いと思います。そういう方にとっては頼りになる会社です。

親が高齢などの理由で連帯保証人が見つからないときは家賃保証会社

両親が高齢で賃貸物件を契約する際、連帯保証人とすることができないケースは少なくはありません。晩婚化により60歳を過ぎてから息子や娘が就職して一人暮らしを行うこともあります。既に定年を迎え家賃債務を保証できる状況になく、賃貸契約に不安を感じているなら家賃保証会社を利用するのがおすすめです。
家賃保証会社は、契約者自身の信用により契約ができ、保証料を納めることで家賃債務を保証してくれます。家賃保証会社を利用することで、親が高齢で年金受給している、既に他界しており親を連帯保証人とすることができない、親族は連帯保証人となってくれないという問題が解決できます。
最近では、連帯保証人のほかに家賃保証会社の利用を求める不動産業者もあり、この場合は保証料が連帯保証人なしのプランに比べて安くもなります。万が一の際には家賃を保証してくれるだけでなく、家賃滞納で退去した際などの原状復帰費用なども保証してくれます。そのほかにも、家賃保証会社を利用することで敷金が少ない、もしくはなしというケースもあるため、賃貸契約時の高額な初期費用を抑えることも可能です。まずは、連帯保証人に悩んだら家賃保証会社を検討しましょう。また、不動産業者に利用ができないかも確認するのがおすすめです。

保証人がいないときは家賃保証会社を利用しよう

「連帯保証人がいないから家を借りられない」と思っていませんか?今は連帯保証人がいなくても家を借りられる時代なのです。連帯保証人がいないのにどうやって家を借りるのかというと、家を借りたい人が「家賃保証会社」を利用すればよいのです。家賃保証会社を利用すると、連帯保証人に代わって家賃や債務を引き受けてくれます。では、家賃保証会社を利用するにはどうしたらよいのでしょうか?家賃保証会社を利用し…

More Details

家賃保証会社を利用して賢く家を借りましょう

賃貸住宅を借りる際に必要なのが、連帯保証人です。連帯保証人がいることによって、その人がもし家賃を滞納したりしてしまった場合に代わりに払ってくれるので貸主にとっては安心の存在なのです。しかし、この連帯保証人を立てることが難しい人もいるのです。親族以外に頼む際は借主と同様の責任を負うことになるので、例え友人であってもなかなかなりたがる人もいないのが現状です。それに加えて友人に頼むのも気が…

More Details

家賃保証会社を利用するメリット

不動産会社を利用して物件を契約する際、必ず通る道が「入居審査」です。入居希望者本人、またはその世帯の収入と家賃などを確認し、支払い能力の判断を審査会社が行います。また連帯保証人をたてることにより、万が一の家賃滞納や未払いを防ぐことが可能となっています。つまり、この入居審査がダメであればお部屋への入居ができないということになります。お部屋探しの際、事情は様々ですが「身内から保証人をたてられない…

More Details

家賃保証会社と契約すれば保証人を探す必要はない

賃貸で部屋を借りる時には、契約の段階で連帯保証人が必要になる物件が多く、それができないと借りることができません。しかし保証人の代わりになってくれる家賃保証会社を利用することで、賃貸契約が可能となります。連帯保証人が見当たらなくて部屋が借りられないかもしれないとお困りの場合は、家賃保証会社の利用で安心して借りられることを覚えておきましょう。誰でも家が借りられるようになるシステムとして、…

More Details

notice

2020年04月07日
家賃保証会社と契約すれば保証人を探す必要はないを更新しました。
2020年04月07日
家賃保証会社を利用するメリットを更新しました。
2020年04月07日
家賃保証会社を利用して賢く家を借りましょうを更新しました。
2020年04月07日
保証人がいないときは家賃保証会社を利用しようを更新しました。
TOP